慰謝料を受取るために

結婚している相手に不倫されたときに、慰謝料を請求する人が多いですが、根本的に慰謝料というのは相手が行った不貞行為に対して謝罪するためのお金ということを理解しましょう。結婚している相手が長い間不倫をしていて、精神的に傷ついたときに慰謝料を請求することができます。特に相手の不貞行為を実証することができれば、確実に慰謝料を請求することができます。そして離婚などの協議を進めていくことができます。

離婚原因慰謝料相手が行った不倫の行為に対して自分が精神的苦痛を感じたときに請求することができる慰謝料を「離婚原因慰謝料」と言います。自分で判断してしまうと離婚原因慰謝料にも認めてもらえないこともあるので、不倫に関して慰謝料を請求する場合は、全て自分でやろうとせずに、専門の知識がある弁護士に相談して慰謝料を確実に受け取るために手続きをしてもらうようにしましょう。

慰謝料に関して何も知らない素人が手続きを進めていくのは問題ありませんが、気がついたら慰謝料が認められなかったというケースはよくあります。このような状況に自分が巻き込まれないためにも、責任の所在を明確にするためにも、自分ひとりで悩まないで専門の知識がある不倫問題に詳しい弁護士に相談するようにしてください。

≪関連サイト≫不倫の慰謝料請求 / 弁護士法人アディーレ